2024年03月19日

近畿・中国地方への旅行4 出雲大社

今日の北見は、昨日の大雪とうって変わって、晴れました。




雪ぐちゃ 001.JPG




気温も上がり、当然道路などはぐちゃぐちゃになってます。



雪ぐちゃ 003.JPG











今日は、島根県出雲市大社町にある「出雲大社」です。



のどかな田舎道を走って



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 106.JPG





ここも何となく知ってはいましたが、詳しくは分かりませんでした。



ちょっとだけ説明しますと


誰もが知る日本を代表する神社。「出雲大社」は縁結びの神様と知られてます。

この縁は恋愛だけではなく、人との縁なども含まれます。

通常の神社参拝は「二礼二拍手一礼」ですが


ここは「二礼四拍手一礼」となっています。面白いのは

お願い事をする時には、必ず自分の住所と名前を伝えて下さいとの事


神様も多くの方の願い事を聞くので、誰が誰だか分からなくなるようです。

そこで、住所、名前が分かれば願い事も叶え易いんだって!


成程!そりゃそうだと妙に納得です。

さすが日本神話の逸話が沢山の出雲大社です。



ちなみに、近所にシンガーソングライターの竹内まりやさんの実家があります。



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 108.JPG







2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 107.JPG






あまりにも大きい「大しめ縄」長さ13.6m・重さ5.2tと日本最大級です。



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 111.JPG





2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 109.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 110.JPG






島根県も観光する場所多いです。



                  「出雲大社




                   「島根観光



建物の迫力や歴史がここでも感じられ、道産子にとっては感動です。
posted by のり at 19:54| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月18日

近畿・中国地方への旅行3 足立美術館

本日は島根県安来市にある「足立美術館」をお送りしますが


その前に今日の北見は、朝からこの通り大雪です。



春は目の前だったのに、冬が逆走して来たようです。



13479.jpg






13480.jpg




13481.jpg






お恥ずかしい話ですが、実は「足立美術館」知りませんでした。



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 096.JPG





ここには見事な庭園があり、2003年から21年連続で

庭園ランキング日本一に選ばれているのです。



写真では、見事な広がりが分かりにくいと思いますが

目の前で見たら、とても素晴らしく感動的です!




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 089.JPG









2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 090.JPG









2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 091.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 092.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 093.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 095.JPG





さすがにこれを見ると、日本一も分かりますね。

これは手入れ大変でしょうね。




そして美術館内ですが、殆ど撮影禁止なので写真はありません。


ここは時に「大観美術館」とも呼ばれるほど横山大観の作品が充実しており

その数は120点と質・量ともに日本有数という事です。




さらに説明では

稀代の料理人であり陶芸家としても知られる北大路魯山人。

足立美術館では、魯山人の作品を約500点所蔵しており、

魯山人館にて順次公開しています。

魯山人は、書や篆刻にはじまり、陶芸、漆芸、絵画などのあらゆる分野で

偉才を発揮し、食の空間を芸術の領域にまで高めるとともに

独自の美的世界を築き上げました。


コミック美味しんぼでもおなじみの魯山人ですが

初めて、魯山人の陶器を目の前で見ました。

こちらも感動的でした。



それにしても、正直田舎にこの様な素晴らしい美術館があるとは

驚きですが、これも説明を見ると納得ですね。






そしてこの日は、玉造温泉の保性館の宿泊です。




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 098.JPG




13386.jpg



ここも凄い歴史です。




「保性館」は、江戸時代中期の1702年に開業以来300年を超える歴史があります。


さらに創業国登録有形文化財(建造物)として登録認定されていると言う事です。



「保性館」の名前の由来は、明治30年に宿泊した大徳寺の高僧東海老師が


美しい自然に囲まれた温泉に感動し“性(やすらぎ)を保つことのできる宿”

と命名したことが始まりなのだそう。



いや〜どこに行っても歴史が深い!

勉強になるわぁ〜




                   「足立美術館

posted by のり at 19:31| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月17日

近畿・中国地方への旅行2 姫路城

今日は世界遺産の姫路城(白鷺城)です。

この形状のお城は北海道にはありません。函館には五稜郭がありますが

北見から函館まで車で行くと(走る道路によりますが)9時間ちょい掛かります。

約570kmほどありますので、例えば東京から北は青森市、南(正確には南西)

だったら島根、広島辺りになりますので、到底日帰りで五稜郭観光は

難しいのです。でっかいどう北海道ですね。まぁ、それはいいとして


何と言ってもお城の形は、芸術的だと思います。

昨年「小田原城」に行った時は、とても感動したんです。

さすが本州!歴史があるわ!


詳しくはこちらをどうぞ  「姫路城







この日は生憎の雨でして、傘を差しながらの観光でした。


とりあえずご覧下さい。


2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 052.JPG






2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 054.JPG






2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 055.JPG






2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 059.JPG







2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 061.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 062.JPG









2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 065.JPG











2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 066.JPG







2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 068.JPG







2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 069.JPG







2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 070.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 072.JPG









2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 073.JPG




ここに「播州皿屋敷」とありますが、ワタクシの知っているのは

「番町皿屋敷」ですが、何と話が違うようです。


でも、どちらにもお菊さんが出てきて、井戸に投げられる(身を投げる)

には変わりないようです。




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 080.JPG





2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 086.JPG





いやはやお城の中では広いし階段は急だし

敵が攻めにくい造りになっています。


全国にあるお城巡りしたいものです。

posted by のり at 10:11| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月15日

近畿・中国地方への旅行1 神戸酒心館

羽田に着いてから、さらに乗り換えてそこから伊丹空港へ行き

神戸酒心館へ行きました。  「神戸酒心館








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 020.JPG












2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 022.JPG






2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 024.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 025.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 026.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 027.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 028.JPG







2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 030.JPG




昨年の旅行の時もそうですが、本州に来ると歴史の深みを感じる場面が

多々あります。又、北海道からすれば珍しい光景もありまして

例えば、瓦屋根などは高校生の修学旅行の時に、ビックリしたものです。

北海道では、まず見当たりません。殆どトタン屋根ですから。




そして、老舗と呼ばれている数々の種類の店舗ですが

ここの「神戸酒心館」は何と、宝暦元年(1751年)に創業とあります。

十三代にわたり「福寿」の名を守り続けているという事ですが

いやはやとんでもなく古いです。例えば北海道の歴史で言えば

明治2年(1869)、箱館戦争が終わると新政府は蝦夷地を北海道と改名し

開拓使を設置。明治7年(1874))には屯田兵制度を設け、北海道の開発に着手した。

とありますが、これより123年前という事で、眩暈がします。凄いわ本州!



旅行の楽しみは色々あり、このように歴史を知る事も大変楽しいものです。




明日は、姫路城に行きます。


posted by のり at 20:25| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近畿・中国地方への旅行

実は、11日から14日まで旅行に行ってました。

その間予約投稿で毎日出るはずだったのですが、出たりでなかったりで

空いた日がありましたが、本日よりゆったりですが、旅行記をアップします。



まずは飛び立つまでです。




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 001.JPG













2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 002.JPG













2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 003.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 004.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 006.JPG













2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 007.JPG










2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 009.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 010.JPG











2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 011.JPG






そして羽田空港に着きました。


搭乗ゲートまではバス運行でした。



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 013.JPG









2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 014.JPG








という事で、明日から観光記事をお楽しみ下さい。







そして、何といってもショックなのは、串本町からのロケット打ち上げ失敗です。


多くの方が楽しみにしていたのですが、非常に残念です。



しかし、民間のロケット打ち上げは相当難しいものだという事は

道民であれば分かります。北海道の大樹町ンチャー企業

「インターステラテクノロジズ」でも過去何度か発打ち上げ失敗しています。



ですので、これからのチャレンジに期待を込めて、次回待ちたいと思います。


posted by のり at 11:57| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする