2024年03月24日

近畿・中国地方への旅行9 北見へ

いよいよ北見へ帰る日が来ました。

伊丹空港から羽田までを上空からの眺めです。



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 172.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 174.JPG










2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 175.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 179.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 180.JPG











羽田に近づきました。



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 182.JPG




飛行場では、保安検査場で手荷物検査を受ける必要がありますが

色々ルールのある中、ペットボトルは未開封はいいのですが

飲んでしまい、まだ中に入っているペットボトルは、2度手間になります。


ちょっと面倒なので出来れば検査場に行く前に飲んでしまうか

未開封で持ち込みした方がいいでしょう。






「保安検査場で働いてる人も大変だよね」


「ああっ、いわゆる保安官な、胸に星型のバッジ付けて

テンガロンハットかぶって、街のならず者や、流れ者や、盗賊を

取り締まって、大活躍するんだわ」



「そうそう!治安維持に命かけてるのよね



って、西部劇か〜い!違うわ!保安検査場で働いてる人は

保安官って言わないの!正しくは空港保安検査員って言うんだよ」







北見に近づきました。ちょっとピンボケですが夕日です。




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 184.JPG








家に着いたのが夜8時頃です。


大変楽しい旅行で、大満足です。疲れもそんなにありませんが


ここで、超スタンダードな旅行ギャグを言わなければなりません。







「旅行もいいけど、やっぱり家が一番だね〜」



これで旅行記終わりです。




posted by のり at 19:17| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月23日

近畿・中国地方への旅行8 天橋立

本日の宿は、「湯快リゾートプレミアム 湯村温泉三好屋」になります。





2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 154.JPG







2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 150.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 152.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 153.JPG




今日は京都府北部、日本海の宮津湾にある「天橋立」です。

ここは陸奥の「松島」・安芸の「宮島」とともに、日本三景の一つです。




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 157.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 158.JPG






2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 165.JPG




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 161.JPG







ここで有名なのは、股のぞきです。

股のぞきをすると、龍が天へ舞い昇っているように見えると言われています。


こんな感じですけど、どうでしょうか?




撮る位置が若干悪く、本当はもっとグニャッと曲がるのですが



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 163.JPG




帰りはリフトにしました。


2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 166.JPG



                「
天橋立







色々名所、旧跡などに触れて大変ためになる旅でした。




明日はいよいよ帰る日です。
posted by のり at 15:37| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月22日

近畿・中国地方への旅行7 鳥取砂丘

そうしてなんやかんや言いながら、鳥取砂丘に着きました。


2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 147.JPG




まだ日は高いので1時間20分遅れても観光出来たので良かったです。


実はここには1回来てみたい所だったんですが、実際見ると中々素晴らしいです!!


何て言っても砂です!



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 139.JPG








そしてこの感じ





2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 138.JPG








思い切ってずっと歩いて日本海を見に行きます。




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 140.JPG






下が砂だからとても歩きにくいです。でも歩き方がいいので

靴の中に思ったほど砂は入り込んでいません。




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 142.JPG






2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 143.JPG





帰りも歩きにくい〜




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 145.JPG





でも、来たかった鳥取砂丘ですので良かったです。



こんなお土産もありました。







2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 148.JPG








以前テレビで見たのですが、ここでラクダに乗っている場面を見たのですが

今回いませんでした。そこで周りを見るとラクダ小屋があったので

ちょっと聞きに行きました。



のり 「もうこの時間は乗せないのかい」

らくA「以前はこの時間も載せてたんだけど、最近働き方改革で

    残業しちゃいけないんですよ!」

のり 「この業界もそうなんだ!」

らくだB 「とは言っても、観光業ですから土日も働くんで

     平日は交代で休むんですけど、これからお客さんが
     
     増えてくるのでどんどん忙しくなるんですよ」

のり  「そうか、この商売も大変だな〜」


らくだC 「ハイ、私たちはラクダですけど

     実際は楽じゃないんです よ〜(T_T)」




と言ってるかどうか知りませんが、これから増々忙しくなりますね。



                    「鳥取砂丘
posted by のり at 19:43| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月21日

近畿・中国地方への旅行6 鳥取砂丘

未だに除雪した雪が山のように積もっている北見です。





13492.jpg







さて、松江から今度は鳥取砂丘を目指してバスは走ります。


国道9号線をスイスイと走っていたのですが、途中で前方かなり先から


渋滞になり、ちっとも前に進まなくなりました。まぁ、何かの


トラブルかなんかですぐ行けるだろうと思い気楽に構えていましたが


暫くすると何やら、救急車やパトカーの音がわずかに後ろから聞こえてきました。



その音が徐々に近づいてきて、バスの近くに停まったのです。



うひゃ〜!どってんこいたぁ〜!なしたんだ!(ビックリした、どうしたんだ)



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 134.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 136.JPG




その内状況が分かってきました。何でも200mほど先の

泊トンネル内で事故があって、しかも怪我人も出たという事でした。


怪我人の方は軽傷で、命に別状はないという事で安心ですが

この先どの位待たなきゃならないのか、全然分からないのです。



北見にいると、渋滞なんてのは全くないし、10台も連なると

混んでるわ〜!となりますので、今回のバス正面から見たら何十台と

連なっているので、成程これが渋滞か!とちょっと貴重な時間です。




しかし、そうも言っていられず、果たして鳥取砂丘の観光は出来るのか!?

という不安で、参りましたがこればかりはどうにもなりません。



結局、なんやかんやで80分待たされてやっとバスは出発しました。

嗚呼ぁ安堵です。しかしやはり渋滞は疲れるわ〜 (;´Д`)




そんな訳で、鳥取砂丘の報告は次回という事で!


posted by のり at 16:14| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月20日

近畿・中国地方への旅行5 松江堀川遊覧船






今日は彼岸の中日なので、ぼた餅を作りました。


ぼたもち 001.JPG



美味しく頂きました。ごちそうさまでした。











本日は島根県松江市「堀川遊覧船 ぐるっと松江 堀川めぐり」です。


国宝松江城を囲む約3.7kmの堀川を、小舟に乗って巡る観光遊覧船。

所要時間は約50分分です。この時期まだまだ寒いので

船内には炬燵が用意されていて、暖かかったわ〜  (^_^)

城下町の風情が今でも残る町並みは、松江の歴史と美しい景観が感じられるます。


北海道には、いわゆる城下町と呼べる地域が無いので

この辺りの歴史を深く感じられる事は非常に楽しい事です。



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 115.JPG







2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 118.JPG





橋の下を何か所かくぐるのですが、背の低い橋に来ると

屋根が下がり乗客も身を低くしなければ、屋根にぶつかってしまいます。




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 120.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 121.JPG




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 123.JPG








松江城が見える場所に来ました。



松江城に入るかどうか迷ったのですが、姫路城に入ったこともあり


今回は、滅多に出来ない(或いはしない)遊覧船にしました。





2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 124.JPG



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 128.JPG






船乗降場に着きました。


のんびりと50分近く遊覧して、非常に面白かったです。ここでも歴史に感動です。





2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 130.JPG





                「ぐるっと松江堀川めぐり(堀川遊覧船



そして堀川の辺りを散策しました。



「小泉八雲記念館」や「松江市指定文化財 武家屋敷」などがあり

こちらも興味深いですが、時間が無いので入れませんでした。残念!!




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 131.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 132.JPG





この後鳥取県の「鳥取砂丘」へ向かいましたが

途中で思いもしないハプニングが〜〜〜\(◎o◎)/!




続く

posted by のり at 14:51| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月19日

近畿・中国地方への旅行4 出雲大社

今日の北見は、昨日の大雪とうって変わって、晴れました。




雪ぐちゃ 001.JPG




気温も上がり、当然道路などはぐちゃぐちゃになってます。



雪ぐちゃ 003.JPG











今日は、島根県出雲市大社町にある「出雲大社」です。



のどかな田舎道を走って



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 106.JPG





ここも何となく知ってはいましたが、詳しくは分かりませんでした。



ちょっとだけ説明しますと


誰もが知る日本を代表する神社。「出雲大社」は縁結びの神様と知られてます。

この縁は恋愛だけではなく、人との縁なども含まれます。

通常の神社参拝は「二礼二拍手一礼」ですが


ここは「二礼四拍手一礼」となっています。面白いのは

お願い事をする時には、必ず自分の住所と名前を伝えて下さいとの事


神様も多くの方の願い事を聞くので、誰が誰だか分からなくなるようです。

そこで、住所、名前が分かれば願い事も叶え易いんだって!


成程!そりゃそうだと妙に納得です。

さすが日本神話の逸話が沢山の出雲大社です。



ちなみに、近所にシンガーソングライターの竹内まりやさんの実家があります。



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 108.JPG







2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 107.JPG






あまりにも大きい「大しめ縄」長さ13.6m・重さ5.2tと日本最大級です。



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 111.JPG





2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 109.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 110.JPG






島根県も観光する場所多いです。



                  「出雲大社




                   「島根観光



建物の迫力や歴史がここでも感じられ、道産子にとっては感動です。
posted by のり at 19:54| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月18日

近畿・中国地方への旅行3 足立美術館

本日は島根県安来市にある「足立美術館」をお送りしますが


その前に今日の北見は、朝からこの通り大雪です。



春は目の前だったのに、冬が逆走して来たようです。



13479.jpg






13480.jpg




13481.jpg






お恥ずかしい話ですが、実は「足立美術館」知りませんでした。



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 096.JPG





ここには見事な庭園があり、2003年から21年連続で

庭園ランキング日本一に選ばれているのです。



写真では、見事な広がりが分かりにくいと思いますが

目の前で見たら、とても素晴らしく感動的です!




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 089.JPG









2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 090.JPG









2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 091.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 092.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 093.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 095.JPG





さすがにこれを見ると、日本一も分かりますね。

これは手入れ大変でしょうね。




そして美術館内ですが、殆ど撮影禁止なので写真はありません。


ここは時に「大観美術館」とも呼ばれるほど横山大観の作品が充実しており

その数は120点と質・量ともに日本有数という事です。




さらに説明では

稀代の料理人であり陶芸家としても知られる北大路魯山人。

足立美術館では、魯山人の作品を約500点所蔵しており、

魯山人館にて順次公開しています。

魯山人は、書や篆刻にはじまり、陶芸、漆芸、絵画などのあらゆる分野で

偉才を発揮し、食の空間を芸術の領域にまで高めるとともに

独自の美的世界を築き上げました。


コミック美味しんぼでもおなじみの魯山人ですが

初めて、魯山人の陶器を目の前で見ました。

こちらも感動的でした。



それにしても、正直田舎にこの様な素晴らしい美術館があるとは

驚きですが、これも説明を見ると納得ですね。






そしてこの日は、玉造温泉の保性館の宿泊です。




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 098.JPG




13386.jpg



ここも凄い歴史です。




「保性館」は、江戸時代中期の1702年に開業以来300年を超える歴史があります。


さらに創業国登録有形文化財(建造物)として登録認定されていると言う事です。



「保性館」の名前の由来は、明治30年に宿泊した大徳寺の高僧東海老師が


美しい自然に囲まれた温泉に感動し“性(やすらぎ)を保つことのできる宿”

と命名したことが始まりなのだそう。



いや〜どこに行っても歴史が深い!

勉強になるわぁ〜




                   「足立美術館

posted by のり at 19:31| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月17日

近畿・中国地方への旅行2 姫路城

今日は世界遺産の姫路城(白鷺城)です。

この形状のお城は北海道にはありません。函館には五稜郭がありますが

北見から函館まで車で行くと(走る道路によりますが)9時間ちょい掛かります。

約570kmほどありますので、例えば東京から北は青森市、南(正確には南西)

だったら島根、広島辺りになりますので、到底日帰りで五稜郭観光は

難しいのです。でっかいどう北海道ですね。まぁ、それはいいとして


何と言ってもお城の形は、芸術的だと思います。

昨年「小田原城」に行った時は、とても感動したんです。

さすが本州!歴史があるわ!


詳しくはこちらをどうぞ  「姫路城







この日は生憎の雨でして、傘を差しながらの観光でした。


とりあえずご覧下さい。


2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 052.JPG






2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 054.JPG






2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 055.JPG






2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 059.JPG







2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 061.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 062.JPG









2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 065.JPG











2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 066.JPG







2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 068.JPG







2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 069.JPG







2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 070.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 072.JPG









2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 073.JPG




ここに「播州皿屋敷」とありますが、ワタクシの知っているのは

「番町皿屋敷」ですが、何と話が違うようです。


でも、どちらにもお菊さんが出てきて、井戸に投げられる(身を投げる)

には変わりないようです。




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 080.JPG





2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 086.JPG





いやはやお城の中では広いし階段は急だし

敵が攻めにくい造りになっています。


全国にあるお城巡りしたいものです。

posted by のり at 10:11| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月15日

近畿・中国地方への旅行1 神戸酒心館

羽田に着いてから、さらに乗り換えてそこから伊丹空港へ行き

神戸酒心館へ行きました。  「神戸酒心館








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 020.JPG












2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 022.JPG






2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 024.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 025.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 026.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 027.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 028.JPG







2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 030.JPG




昨年の旅行の時もそうですが、本州に来ると歴史の深みを感じる場面が

多々あります。又、北海道からすれば珍しい光景もありまして

例えば、瓦屋根などは高校生の修学旅行の時に、ビックリしたものです。

北海道では、まず見当たりません。殆どトタン屋根ですから。




そして、老舗と呼ばれている数々の種類の店舗ですが

ここの「神戸酒心館」は何と、宝暦元年(1751年)に創業とあります。

十三代にわたり「福寿」の名を守り続けているという事ですが

いやはやとんでもなく古いです。例えば北海道の歴史で言えば

明治2年(1869)、箱館戦争が終わると新政府は蝦夷地を北海道と改名し

開拓使を設置。明治7年(1874))には屯田兵制度を設け、北海道の開発に着手した。

とありますが、これより123年前という事で、眩暈がします。凄いわ本州!



旅行の楽しみは色々あり、このように歴史を知る事も大変楽しいものです。




明日は、姫路城に行きます。


posted by のり at 20:25| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近畿・中国地方への旅行

実は、11日から14日まで旅行に行ってました。

その間予約投稿で毎日出るはずだったのですが、出たりでなかったりで

空いた日がありましたが、本日よりゆったりですが、旅行記をアップします。



まずは飛び立つまでです。




2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 001.JPG













2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 002.JPG













2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 003.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 004.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 006.JPG













2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 007.JPG










2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 009.JPG








2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 010.JPG











2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 011.JPG






そして羽田空港に着きました。


搭乗ゲートまではバス運行でした。



2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 013.JPG









2024-3-11~14 姫路城・足立美術館・出雲大社・天橋立 014.JPG








という事で、明日から観光記事をお楽しみ下さい。







そして、何といってもショックなのは、串本町からのロケット打ち上げ失敗です。


多くの方が楽しみにしていたのですが、非常に残念です。



しかし、民間のロケット打ち上げは相当難しいものだという事は

道民であれば分かります。北海道の大樹町ンチャー企業

「インターステラテクノロジズ」でも過去何度か発打ち上げ失敗しています。



ですので、これからのチャレンジに期待を込めて、次回待ちたいと思います。


posted by のり at 11:57| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月17日

伊豆・箱根・熱海・鎌倉 7

本日が最終日となりました、このツアーはまず


世界遺産「韮山反射炉 にらやまはんしゃろ」です。


幕末期の代官江川英龍(坦庵)が手がけ、後を継いだその子英敏が完成させました。

反射炉とは、金属を溶かし大砲などを鋳造するための溶解炉。

韮山反射炉は、実際に稼働した反射炉として国内で唯一現存するものです。






鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 096.JPG







鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 098.JPG





遠くには富士山がチラッと見えます。

青囲みが富士山です。



鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 100.JPG



              
                「韮山反射炉




そして箱根神社に来ました。




鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 105.JPG






パワースポットには、長蛇の列でした。


鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 104.JPG








鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 102.JPG










鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 103.JPG



                  「箱根神社








そして、箱根・芦ノ湖です。







鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 107.JPG





鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 108.JPG






最後は小田原城にやってきました。



鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 111.JPG



この辺には6年前、当時東京に住んでいた長男の招待で来ました。


ロープウェイで大涌谷に行って、有名な黒い卵も食べたりして


楽しい思い出のある観光地です。



その時にお城の中にも入ぅているので今回はパスしました。



鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 110.JPG




その当時お城が好きで、帰って来た時に美幌にいる次男に


話したところこれをプレゼントしてくれました。



最初はもっと色々ついていたのですが、あちこち動かしているうちに

ちょっと寂しくなりましたが、今も飾ってあります。



最後はこの小田原城で締めたいと思います。











12284.jpg


posted by のり at 15:50| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月16日

伊豆・箱根・熱海・鎌倉 6

静岡県伊豆市にある浄蓮の滝に行って来ました。


いやはやかなり坂を降りてからの場所にあります。


登りも当然きついでですが、中々の景観でした。



鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 086.JPG









鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 085.JPG





            「浄蓮の滝(じょうれんのたき)






そして、「修善寺」へ着きました。



鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 090.JPG









見事な竹林です。



北海道にはないので、身近で見られて感激です。高さもあるわ!!



この辺りどこを見ても歴史を感じていいですね〜!



鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 088.JPG







鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 091.JPG








鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 092.JPG










鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 094.JPG






                  「修善寺



今日のホテルにはプールがあります。

夏良いかも!!




鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 095.JPG



posted by のり at 14:12| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月15日

伊豆・箱根・熱海・鎌倉 5

本日は、了仙寺から「道の駅開国下田港」へ






黒船だ!





鎌倉・伊豆・熱海・箱根 071.JPG






鎌倉・伊豆・熱海・箱根 072.JPG









鎌倉・伊豆・熱海・箱根 074.JPG






鎌倉・伊豆・熱海・箱根 077.JPG









昼は下田バーガーを食べましたが、何ともでかい!!




10408.jpg



やっとさ食べました。ご馳走様でした。





次は



河津七滝ループ橋を通って 天城〜越え♪


このループ橋有名なんだそうで、初めて知りました。




鎌倉・伊豆・熱海・箱根 079.JPG





鎌倉・伊豆・熱海・箱根 080.JPG








鎌倉・伊豆・熱海・箱根 081.JPG




これは凄い橋ですね。





そして、浄漣の滝と修善寺へ!は明日へ続く


posted by のり at 14:51| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月13日

伊豆・箱根・熱海・鎌倉 4

本日の最初の名所は「城ヶ崎海岸」です。

行ってみてビックリ!!こりゃ怖いわ \(◎o◎)/!



火曜サスペンスのラストシーンか!!






鎌倉・伊豆・熱海・箱根 045.JPG






このつり橋渡るのもビビります。





鎌倉・伊豆・熱海・箱根 046.JPG






鎌倉・伊豆・熱海・箱根 047.JPG











鎌倉・伊豆・熱海・箱根 053.JPG









ここの売店で食べたアイスは美味かったなぁ







この後伊豆急行に乗って、下田・了仙寺へ





白浜海岸を見ながらあっという間に着きました。





了仙寺は日米和親条約付属下田条約が締結された場所 となっていて


そんな場所を見られるなんて、感激です。




鎌倉・伊豆・熱海・箱根 062.JPG





鎌倉・伊豆・熱海・箱根 063.JPG





すぐ傍には何とも言えない雰囲気の、井戸用手押しポンプがありました。




これも当時の物か?



な訳ないよね〜!

鎌倉・伊豆・熱海・箱根 064.JPG




さらにこんなものも




10406.jpg





鎌倉・伊豆・熱海・箱根 066.JPG





何を見ても歴史を肌で感じますわ〜!




今日はこの辺でまた明日。







posted by のり at 20:36| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月12日

伊豆・箱根・熱海・鎌倉 3

今夜の宿泊ホテルは、すぐ海のそばです。


北見は盆地なので、海がありません。海が見たければ


40分ほどかけて常呂・網走に行くしかありません。



ですから、こうして海を身近に感じ、ズッと見ていられるのは感動です。


漁船を眺めながら、ザザザァ〜〜〜〜バシャ〜ン!ザザ〜ン


海っていつまでも見ていられますね。



鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 035.JPG






鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 041.JPG










鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 040.JPG










鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 036.JPG




さぁ、寝るかとベッドに入ったのです。



いつもは静寂の中眠りにつく事が出来ましたが


ここでは








波の音が
ザザザァ〜〜〜〜バシャ〜ン!ザザ〜ン! 
ザザザァ〜〜〜〜バシャ〜ン!ザザ〜ン
ザザザァ〜〜〜〜バシャ〜ン!ザザ〜ン
ザザザァ〜〜〜〜バシャ〜ン!ザザ〜ン
ザザザァ〜〜〜〜バシャ〜ン!ザザ〜ン







「だ〜〜〜〜〜!うっせ〜!うっせ〜!うっせーわ!」



ついつい叫んでしまいました。



先ほどの感動はどこへやら



まだまだ修行が足りません トホホ  (T_T)










そして、快適に目覚めた朝


朝の伊東、オレンジビーチです。



北海道では見ない木です。



鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 042.JPG









鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 043.JPG











鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 044.JPG




さぁ、今日も楽しもう (^_^)


posted by のり at 15:28| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月11日

伊豆・箱根・熱海・鎌倉 2

湘南ナンバーが人気があると以前聞きましたが


今もそうなのでしょうか!?


コミックでは、湘南の付く、或いは湘南が舞台のが割とあります。



有名どころでは

GTO

湘南グラフィティ

湘南純愛組!

湘南爆走族

荒くれKNIGHT

健太やります!

などなど、まだ結構ありましね。



海水浴も人気ですが、オホーツクには日本一の海水浴場があります。



何が日本一か!?


それは




日本一開設期間の短い(7月下旬〜8月中旬)、日本一海水の冷たい海水浴場なんです。


遊泳は1か月あるかないかの感じです。


やはり本州とは違うわ!




鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 025.JPG




鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 026.JPG






鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 028.JPG










鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 030.JPG








ここから江の島神社に向かう訳ですが、本州によくある


割合狭い道路の両側に、お土産屋さんがズラッと並んでいる坂道です。




こういう風景も本州ならではで、北海道ではあまり見かけないかな!?






鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 018.JPG








鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 019.JPG






鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 020.JPG










鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 021.JPG









鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 022.JPG






鎌倉・伊豆・熱海・雨の北見 024.JPG





あっちこっちほっつき歩き、買い食いして初日から

観光を楽しみました。その後は海岸線を走り今夜のホテルへ




鎌倉・伊豆・熱海・箱根 034.JPG








鎌倉・伊豆・熱海・箱根 033.JPG







posted by のり at 15:57| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月10日

伊豆・箱根・熱海・鎌倉 1

3年半に及ぶコロナが今年5月に、5類になり


制限行動が緩和されて皆さん旅行など行ってるようですが


ハイ!実は私たち夫婦も行ったんですね  (^_^)



以前から何かないかと思い色々探していたのですが

行きたい場所が、結構安く行けるツアーがあったのです。



古い歴史のある所は多々ありますが、ここいら辺は

あまり来たことが無いので。選びました。





伊豆・箱根・熱海・鎌倉ダイナミック周遊なんですね。






と言う事で女満別空港から羽田空港に着きました。




バスで横浜を通過して



鎌倉・伊豆・熱海・箱根 006.JPG









鎌倉・伊豆・熱海・箱根 007.JPG








鶴岡八幡宮にやってきました。




鎌倉・伊豆・熱海・箱根 010.JPG








鎌倉・伊豆・熱海・箱根 009.JPG






鎌倉・伊豆・熱海・箱根 014.JPG









鎌倉・伊豆・熱海・箱根 015.JPG








鎌倉・伊豆・熱海・箱根 016.JPG






有名な小町通りをぶらぶらしまして、歴史を身近に感じました。




               「鶴岡八幡宮



次は、湘南・江の島です。





続く
posted by のり at 19:11| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月07日

美幌峠

昨日の日曜日久しぶりに美幌峠へ行って来ました。





美幌峠 004.JPG




レストハウスがかなりの様変わりでした。


美幌峠11.jpg









美幌峠1.jpg





いつ見ても美しい美幌峠です。


美幌峠3.jpg






中はすっかり変わり、かなりモダンになっていました。

商品構成の大幅な変化、いままでとは全然レイアウトでちょっとびっくり!



美幌峠8.jpg






美幌峠10.jpg








美幌峠9.jpg





環境大善の商品、土いきかえるもあります。




美幌峠7.jpg








美幌峠6.jpg






ドット道東や、冊子なども置いてありました。


美幌峠4.jpg







美幌峠5.jpg





商品を見ているだけで楽しくなります。



次はどこに行こうか!?
posted by のり at 17:06| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月28日

ロコが北見を

焼肉松ちゃんという事ですが、ダウンタウンの松ちゃんとは関係ありません。





焼肉松ちゃん1.jpg






さてさて、こちらをご存じでしょうか!?




Ride Okhotsk with FUN! ロコ・ソラーレ×バイク×オホーツク



これは、ロコ・ソラーレのメンバーが、自転車で北見、常呂、端野、温根湯

を周り北見のイイトコを紹介すると言う動画です。



もう、何回見たか分かりません。

これは、北見を知る上でとても楽しいのです。



みなさんも是非ご覧下さい。
      


Ride Okhotsk with FUN! ロコ・ソラーレ×バイク×オホーツク




posted by のり at 19:45| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

北海道立北方民族博物館part2

北海道立北方民族博物館part2です。

bannerI_04.gif 

アイヌ・アリュート・イヌイト・サミ・サハリン地域民族

北西海岸インディアン・シベリア諸民族などの

文化を紹介しています。

MINZOKU9.JPG

MINZOKU11.JPG

MINZOKU10.JPG

MINZOKU14.JPG

MINZOKU16.JPG

MINZOKU15.JPG

とても貴重なものが沢山あり 又 映像でも

狩りの様子 各地のシャーマン アザラシ漁など

じっくり見れば かなりの時間がかかります。

1度は見ておきたい博物館です。面白いですよ。
 
場所は 網走市潮見309-1
    TEL 0152-45-3888


bannerI_04.gif 
posted by のり at 20:46| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする